Mar 20, 2013

P+M#12 Interview : Douce Angoisse

421215_10151418978379018_1610524372_n
Q1. Please Introduce Yourself.
LADIES AND GENTLEMEN, PREPARE TO HEAR THE TRUE STORY OF DOUCE ANGOISSE… FROM FRANCE, VIA LONDON, TO MONTREAL – TOILET ROLL AND ICE SKATE BASED, PROVOCATIVE ELECTRONIC MUSIC BACKED BY HYPNOTIC DISCO/ELECTRO MELODIES AND A HUMAN DRUM MACHINE.
SOUND INTERESTING!? THINK OF A WAREHOUSE DAFT PUNK BEATING UP A FRENCH KATE BUSH AT THE GATES OF HELL. YES PLEASE MONSIEUR!

Q2. How did you start this band?
Douce almost became an actor, but had an epiphany when she first sat behind a drum kit and started to hum at the mic, she then dutifully wrote her first songs, and collaborated for the melody with several gifted musicians. The rest happened mainly between London,Paris and Berlin where she developed her style from art-show gigs, festivals and clubs. Douce has recently moved to Montreal. There she met composer Olivier Gourde, who she is collaborating closely with on her upcoming album.

Q3. Who is the artist from whom you were influenced?
Depeche mode for the music and Serge Gainsbourg for the lyrics. Frenglish!

Q4. What are you just doing (release, live, recording, promo, study, work, vacance, etc..)?
I’m currently based in Montreal, Canada and am working on my upcoming album for 2013. I have also been playing the lead in a sci-fi film, Yvette Horizon directed by Tony Mines.

Q5. What do you value most in music life?
Sharing a magical, punky and unique moment on stage with the audience. Giving people butterflies. Join the crowd and get dirty with Doucie!

Q6. What was the first tape, record or CD you bought for yourself and when?
Project 101, Depeche mode

Q7. What is most favorite music now?
Italo nu Disco

Q8. What is the dream in the future?
To play in Japan!

Q9. Please Message to readers.
“We are all in the same shit!”

P+M magazine #12 MP3 compilation >

  Q1 自己紹介をどうぞ。
ご来場の皆様!心の準備はよろしいですか?これから語られる、Douce Angoisseの真実!フランスからロンドン、モントリオールを経てお届けする、トイレットペーパーとアイススケートからつくられ、ヒプノティック・ディスコとボイスパーカッションで彩られた、プロボカティブでエレクトロなサウンド!面白そうでしょ?ウェアハウスのDaft Punkがフランス版Kate Bushを地獄の入り口でボコボコにしてるって感じ。もっと殴って、ムッシュー!

Q2 バンドを始めたきっかけは?
「一度は女優を志したDouce。はじめてドラムセットに触れた時に啓示を受け、マイクに向かって歌い出した。その後、こつこつと歌詞を書き始め、数人の才能溢れるミュージシャンたちとコラボレーションして曲をつけてもらい、以降、ロンドン、パリ、ベルリンで、アートショーやフェスティバル、クラブなどでのライブでスタイルを確立していった。最近移り住んだモントリオールで出会ったコンポーザーのOlivier Gourdeと、近日リリース予定のアルバムでコラボレーションしている」。そんな感じ。

Q3 影響を受けたアーティストは?
サウンドはDepeche Mode、歌詞はSerge Gainsbourgね。フレングリッシュ、万歳!

Q4 今どんな活動をしてる?(リリース・ライブ・レコーディング・プロモーション・勉強・仕事・休暇など何でも)
今はカナダのモントリオールに住んで、2013年にリリース予定のアルバムを製作中。Tony Mines監督のSF映画にYvette Horizonって役で主演してて、それも撮影してるわ。

Q5 音楽をやっていて一番大切にしている事は?
ライブで、パンクでユニークで魔法みたいな時間をお客さんと共有することね。聴いてる人の胸をざわざわさせるの。みんな、ライブに来て、一緒に羽目を外そう!

Q6 最初に買ったテープ・CD・レコードは何だった?いくつの時?
Depeche Modeの『Project 101』。

Q7 今一番ハマってる音楽は?
Italo Nu-Discoね。

Q8 将来の夢は?
日本でライブすること!

Q9 みんなにメッセージをお願いします。
「あんたもあたしも、みんな一緒!」

P+M magazine 12のMP3コンピレーションをダウンロード >

Posted in NewsComments Closed 

関連記事